人気修理
 

2017年04月12日
個人的リスペクト-ガムライト

こんにちは。
松村です。



最近ハマっているソールがあります。
それはVibram#2810ガムライト(Gumlite)。





自分が所有していたALDENのケープコッド(CAPE COD)のローファーがこのソールだったことを思い出し、手持ちのサンダースのソール交換をしました。
古着屋さんへの出入りが多く、仕事柄自然と靴を見てしまうのですが、アメリカメーカーのドレスシューズって意外とたくさんこのソールが装着されていたりします。
たくさんと言っても、そんなにありませんが。(どっちやねん!!!)
そして、アメリカ靴のドレスには思っている以上にハマります
アメリカ靴ではなくてもグッドイヤー製法ならハマります。(どないやねん!!!)
どちらかと言うとドレスシューズ用のソールですが、スポンジが入っていることで敬遠されがちでした。
でも、実はハマるんです。


では何故今自分のマイブームなのか。
答えはシンプルに、履きやすいんです。
レザーソールも好きですが、この#2810はグリップもあり軽さもありクッションもあります


次はホコリをかぶっているフローシャイムにもこのソールを装着予定です。
神戸店に入るようになり意識的にワークブーツを履かないようにしてみると面白い発見が多くあり楽しくさせて頂いております。


そんなVibram#2810は10,000円+税になります。


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair









  
Posted by BECKMAN神戸 at 00:09Shoes(Dress)

2017年04月08日
PARABOOT

こんにちは。
谷口です。


本日はアメリカイギリスではなくフランスパラブーツの紹介になります。



アメカジ好きな人でもこのパラブーツは持っている人も多いのではないでしょうか。
僕もミカエルを2足所有していますが十数年経った今でも履いていますね。
ちなみに母国フランスでは「大人になったらパラブーツを履け」と伝えられているそうです。

シャンボードが欲しい。。


そのシャンボード、ミカエル等パラブーツの代表的なモデルにも使われているレザーが、フランスの宝石と呼ばれている”リスレザー”です。
リスレザーは多量の油分を含んだオイルドレザーの一種です。
ベックマン神戸ではパラブーツのお手入れの質問をよく受けます。
そんなパラブーツのお手入れにオススメなのはビーズエイジングオイルです。


¥1,500+TAX

ミンクオイルのようなベトつきは無くサラッとした仕上がりになります。
あと特徴的なのは蜜蝋特有のほんのり甘い匂いですね。
湿り気のある光沢も出ますのでパラブーツには似合うかと思います。

更にツヤを出されたい方はビーズエイジングオイルの後に靴クリームを併用してもらっても良いかと思います。
※ビーズエイジングは浸透性がよくサラッと仕上がりなので併用しても大丈夫です。ベトつきが強いミンクオイルとの併用はオススメしません。

ただヒビが入りやすいともいわれている”リスレザー”ですのでなるべくステインリムーバー(2、3回に一度で大丈夫です)+ビーズエイジングはされた方が良いと思います。

アメリカ、イギリス靴をメインとしたベックマン神戸ですが個人的にパラブーツ等も好きなのでいつでもご相談下さい!



第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN神戸 at 00:39Shoes(Dress)お手入れOTHER

2017年03月15日
HANOVER コードバン

こんにちは。
谷口です。


本日は最近個人的に購入したHANOVER(ハノーバー)について紹介します。




古着好き、靴好きの人ならご存知のブランドかと思います。

Hanover(ハノーバー)は1899年にペンシルベニア州で創業されたメーカーです。
1974年に倒産し、皆さん聞いたことあるでしょうClarks(クラークス)社に製造権利を売却し、Hanoverブランドは消滅してしまいます
クラークス社はその後アメリカの大手靴メーカー、Bostonian(ボストニアン)も買収し、一時期ボストニアンの靴をHanoverの工場で作っていたそうです。

またHanoverには、フローシャイムインペリアルボストニアンクラウン・ウィンザーように上級ラインが存在します。
創始者ご子息の名前から付けられた、その名も「L.B.Sheppard(シェパード)」。

残念ながらこのHANOVERはL.B.Sheppardではありませんがボリューム感、土臭さのあるスクエア気味のトゥとフォルム。
ダブルソールで、ストームウェルトとかなりズッシリとした雰囲気でアメリカ臭さを感じれる1足です。
更にはコードバンという贅沢仕様です。

僕のサイズは7ハーフ前後という事もあり中古でも中々出てきません。

この靴はおそらく80年代頃のものになりますが、古着は見つけた時が運命ですのでこういった物は買わないと後悔してしまいますね。
丁度HANOVERのシューキーパーも持っていたので大事に履いて行きたいと思います。



ブーツもそうですがドレスシューズも奥が深いですよね。
面白い。


もちろんビンテージシューズも修理出来ますのでお困りの際はいつでもベックマン神戸にお持ち込み下さい!

第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN神戸 at 00:02Shoes(Dress)Shoes(other)

2017年01月14日
サービスシューズ

こんにちは。
谷口です。


本日は神戸店で意外と修理が多いサービスシューズを掘り下げていきます。



年代によって使用が変わるサービスシューズ。
古着屋やオークションで探される方も多いと思うので年代別の特徴を教えます。

・40年代
アイレットの数は5or6
シューレース脇にステッチあり
羽下部のステッチはダブル
レザーソール
カカト部分にT字のレザーが縫い付けている





・50年代
6アイレットのみになる
ヒールのデザインがT字→合わせ縫いに変更
レザーソール
羽下部のステッチはダブル




・60年代
変わらず6アイレット
レザーソール
羽下部のステッチがシングルに変わる
60年代後半からガラスレザー使用に変更

・70年代
6→5アイレットに変更
シューレース脇のステッチが無くなる
レザーソール

・80年代以降
レザー→ラバーソールに変更
ライナーの素材感が変わる




ちなみに民生品(一般向けに作られたもの)では例外があります。
ただ民生品はステッチが甘かったり中底が紙製だったりします。
ぱっと見すぐに分かるのはソールがレザー(70年以前)かラバー(80年代以降)
更に古くなればなるほど土踏まず部分のくびれがキツいです。

画像がなくてスミマセン。
神戸店のサンプル靴で40年代のサービスシューズを使用しているので後日画像のせます。(もったいない・・・)

当たり前だと思われているサービスシューズ=ガラスレザーですが実は60年代以前の物はムッチリとした上質のカーフが使われていました。

とてもキメが細かく足に吸い付く感じです。
60年代以前のサービスシューズをお持ちの方はしっかりお手入れして大事に履いてあげて下さい。
ていうか60年以前のアメリカ靴の革質はホントいいので全て大事にしてあげて下さい。
僕としてオススメな靴クリームはクリームナチュラーレ(¥2.000)です。
栄養分が多く含まれ自然なツヤが出ますのでアメリカ靴にはオススメです。

もちろんガラスレザーはガラスレザーの魅力が有ると僕は思っています。
ただ深いシワが入りやすいガラスレザーはヒビ割れがとても入りやすく短命になりがちです。
ですのでガラスレザーにはシューツリーは必需品ですよ。
あとガラスレザーにはコレ!というお手入れ用品は市場には有りません
そんなガラスレザーにはベックマンではクリームエッセンシャル(¥1.800)を使用しています。
1本で汚れ落とし&ツヤだしが出来るのでとても便利です。


ビンテージ靴でもお困りな事が有りましたら是非お店までお立ち寄り下さい!


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair





  

Posted by BECKMAN神戸 at 01:10Shoes(Dress)

2016年12月09日
ハリソン新入荷!

こんにちは。
谷口です。


最近新入荷したハリソンソックスになります。


¥1,000〜+TAX


こちらはカジュアルよりはドレスシューズ等にオススメの靴下になります。

国内では数少ない240本のハイゲージ編機で編み上げていますので編み目が細かくドレッシーな雰囲気がでています。
某有名メーカーのOEM(受託生産)をしているハリソンにとってビジネス向けの靴下は得意分野です。

200〜220本の編地が一般的な他の日本製の靴下に対しハリソンは履き心地が違います。
加えてこのコストパフォーマンスですのでオススメです。

ビジネスシーンにはもちろん、結婚式や私服にも使える靴下ですので気になる方は是非ベックマン神戸までご来店下さい!


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair




  

Posted by BECKMAN神戸 at 00:47Shoes(Dress)

2016年11月23日
COLE HAAN-コールハーン×Dainite SOLE

こんにちは。
松村です。



沢山の方が喋りに来てくださって嬉しい限りです!!










アフターだけですが、アメリカのドレスの代表格の一つ、コールハーン
ダイナイトソール×レザーMID3.5㎜です。
ウィールで元と同じような装飾も施しております。

2日連続でレッドウイング以外をUPできて目標達成!


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair






  

Posted by BECKMAN神戸 at 00:09Shoes(Dress)

2016年11月10日
OAK STREET bootmakers×ヴィンテージスチール

こんにちは。
吉田です。

本日はクイックリペアになります。
クイックリペアでは踵、ハーフラバーに次いで多いヴィンテージスチールです。
オークストリートです。MADE IN USA。
いいですね。







ダブルソールのオイルレザー仕様。
ダブルソールは本当に爪先だけが極端に減ります。

スチールに抵抗がなければ新品からつけると安心ですね。
今回も爪先ギリギリでした!!(補修してつけることも可能ですのでご相談ください)




ヴィンテージスチール両足2,390円+Tax
15分~


第3弾キャンペーンはコチラの記事を⇒待望の復刻!!キャンペーン第3弾「CAMO&BECKMAN#102(Vibram#132)白」

※配送でのご注文→Web order

※facebook→「shoerepairshopBECKMAN

※Instagram→「beckman_shoe_repair




  

Posted by BECKMAN神戸 at 00:52Shoes(Dress)